MR転職・MR求人 専門サイト
転職に悩むMR
MR転職・MR求人 専門サイト > MR以外への転職 > MRを辞めたい!違う職種へ好条件で転職するには

MRを辞めたい!違う職種へ好条件で転職するには

MRを辞めたい!違う職種へ転職を検討、求人情報を得るには

色々とあって、MRを辞めたい・・・

転勤が出来ない事情があって、MRからの転職を真剣に検討している。

MRを辞める事を検討されている方も、このサイトをご覧になって頂いている方の中にはいらっしゃると思います。

高給与・高年収の営業職の代名詞のようなイメージのあるMRですが、実際には大変な仕事ではあります。
(楽なばかりの仕事、というのもそうそう無いのですが・・・)

医療のプロ(医師はじめ医療職)を相手に営業をかける大変さ。

特に新卒として入社した当時に、あまりの知識の未熟さに医師から洗礼を受けた方も多いと思いますし、今でも異動によって担当が知識の浅い領域となり、訪問先の病院で医師から大きなお叱りを受けたり、といった方もいらっしゃるかもしれません。

営業職はどんな業界であれ、特有の大変さはあります。

売上げへのプレッシャー。
新規開拓の数字もあるかもしれません。
ルートセールスにはルートセールスの大変さもあります。

MS(卸)との人間関係の構築がどうしても上手くいかず、ストレスとなっている方もいるかもしれません。

冒頭にもありましたが、転勤辞令が出たものの、どうしても転勤が出来ない事情があって退職・転職を真剣に考えている、と言った方は多いと思います。

また実際問題として、MRはこれから大変な時期です。
早期退職を募る製薬メーカーも少なくありません。
実際、こうした早期退職に手を挙げて会社を去ったMRも近年、多いですよね。。

そうした状況から、20代、30代と転職先を見つけやすい年代に思い切って転職を検討される方も増えているようです。
もちろん40代でもキャリア、経験によっては転職は可能です。

MRを辞めて転職を検討する場合

転職先の情報、MR経験を活かせる他業界・職種の中途採用、求人情報を得る方法として人材紹介会社(転職エージェント)を利用される方が多いと思います。

在職中であれば尚更、忙しくて自分では求人情報を調べられませんし、多くの業界で非公開求人があります。

特に中途採用、キャリア転職に関しては非公開求人が多いですから、転職エージェントを利用しての転職活動はとても重要と言えます。

多くの方の転職サポートをしてきたエージェントに相談をする事で、本当に転職する道が良いのか、他領域への転向や他社への転職が良いのか、異業種転職をした方が希望条件を実現出来るのか否か、といった事もクリアになってくる事もあります。

自分一人で悩んでいると、ついネガティブな考えに走ってしまいがちです。
そうした相談相手として、転職エージェントを活用する方法も考えてみてはと思います。

MR経験を活かせる転職先とは

転職活動
他社への転職や領域の変更では無く、MRの仕事以外で考えたい、といった場合も多いと思います。

その場合、まるっきり異業種転職、未経験でゼロから再び・・・という事では無くて、MR経験を活かして職種への転職がやはり現実味が高いといえますよね。

例えば、

・CRA(臨床開発モニター)
・CRC(治験コーディネーター)
・医療機器メーカー営業
・医療系経営コンサルタント
・医療系人材紹介会社のキャリアコーディネーター

などがMRとしての経験、知識を活かした主な転職先として、として挙げられる事が多いでしょうか。

他には、広告代理店、マーケティングリサーチ会社、医療系コンテンツのライター職(記者)など、様々な職種へ転職された方がいらっしゃるということです。

他には意外と多いのが、生命保険会社への転職です。
生命保険会社の営業職も成功すれば高給与・高年収が得られる営業職ですよね。

こうしたMR以外の転職先を探す場合には、様々な業界・職種の求人情報を持つ総合的な人材紹介会社を活用される方法が良いと思います。

DODAエージェントサービス

リクルートエージェント

などは転職業界でもトップクラスの求人数を所有していますし、転職支援実績も非常に豊富です。
興味のある転職先に関して、様々な情報を得られるでしょうし、今までの経験や実績で評価されるポイントなどもアドバイスをもらう事が出来るでしょう。

JAC Recruitment

もメディカル業界を始めとして、様々な業界からの求人情報を扱っています。

MRからの転職をお考えになる際には、上記のような総合的に様々な業界・職種の求人情報も得られる転職エージェントの活用をオススメしたいと思います。

MRから薬剤師へ転職、調剤薬局で働く

MRから薬剤師へ転職
また、MRとしてお仕事をされている方の中には、薬剤師資格をお持ちの方もいらっしゃいますね。

将来の調剤薬局の開業資金を稼ぐためにMRとして数年働こうと思っていた、という方も実際います。

就職する製薬メーカーによっては薬剤師として働く倍以上の年収(1000万円以上)を期待出来るとして、MRへ就職された方もいらっしゃるかもしれません。

薬剤師として活躍されている方の中には、元MRという方が意外と多いんです。

薬剤師資格を活かして調剤薬局へ転職したいな・・・と思った時、多くの方が不安になるのは「調剤未経験」である事、なのですが調剤薬局の中には調剤未経験であってもOKな薬局も多いです。

MRとしてのコミュニケーション能力を高く評価、中途採用を前向きに考えてくれる調剤薬局も多いですから不安に思うよりも、まずは応募可能な求人があるかどうか一度、情報収集される事をオススメしたいと思います。

こうしたMRから未経験OKの薬局へ転職を希望される場合、活用をオススメするのは薬剤師求人を専門とする人材紹介会社です。

こうした薬剤師求人の紹介を専門とする人材紹介会社も、【薬剤師資格】をお持ちであれば利用が可能です。

専門として調剤薬局の情報をしっかりと把握していますから、どこの調剤薬局は調剤未経験でも前向きに採用を考えてくれる、と言った情報も持っている事が多いです。

例えば、こうした職場ならではの情報に関しては、営業職であればお分かりになると思いますが、深い情報を得るには信頼関係・コミュニケーションがとても重要といえます。

こうした土台は、調剤未経験からの転職希望として求人紹介を行い、採用に関して今後の交渉場面においてプラスになる事も多いでしょう。

MRとしてのキャリア、実績なども有効にアピールしてもらえるのではと思います。
(もちろん、担当者のスキル・能力によるところも大きいとはいえます)

例えば、未経験から調剤薬剤師として転職を希望される場合に、活用をオススメしたい薬剤師紹介会社としては、

未経験OK 調剤薬剤師へのキャリアチェンジ【ファルマスタッフ】

などがあります。

ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、日本調剤グループが運営している転職エージェントとなります。

薬剤師求人数、国内トップクラスのの転職エージェントです。

その特長として、ファルマスタッフでは1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、職場の状況を具体的にヒアリングしている、という事が挙げられます。

そのため、求人情報が他社よりも非常に濃いのが大きな特長ですね。

職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさ。
調剤未経験者への研修・教育、サポートなど、もちろんデメリットな情報であっても現場の生の声をしっかりと求人に反映しているのは信頼出来るポイントだと思います。

未経験OK 調剤薬剤師へのキャリチェンジ【ファルマスタッフ】

上記、ファルマスタッフの公式ページには、MRからの転職に成功した方の転職事例なども掲載されています。

他には、

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

といった薬剤師紹介会社も、薬剤師資格をお持ちであれば利用出来ますし、調剤未経験OKの調剤薬局の情報も多く掲載をしていますので、情報収集を希望される場合には活用されてみてはいかがでしょうか。

MRを辞めて転職をお考えになる場合、状況に応じて様々な転職先を検討する事が出来ます。

転職しない方が良い場合も実際にはあると思いますが、求人を調べ、比較・検討することで現状が良いのか、転職が良いのかといった判断が可能になることは多いです。

そういった意味では、まずは情報収集をしてみるのも有効では、と思います。