MR転職・MR求人 専門サイト
薬剤師
MR転職・MR求人 専門サイト > MRから薬剤師へ転職 > MRから薬剤師への転職。どの人材紹介会社を使えば良い?

MRから薬剤師への転職。どの人材紹介会社を使えば良い?

MRから調剤薬局、ドラッグストアの薬剤師へ転職するには

MRから薬剤師として転職をお考えになっている場合、具体的にどういった人材紹介会社を活用すると、より多くの調剤薬局やドラッグストアからの未経験OK薬剤師求人を見つけ、転職成功に結びつけていくことが出来るでしょうか。

実際、多くのMRの方がMRを数年経験して、薬剤師として転職されています。

MR薬剤師を採用したい、という調剤薬局、企業からの求人需要は確実にあります。

いかにそうした薬剤師求人を見つけ、面接対策を行い転職に成功するか。
そのカギは、人材紹介会社選びにあるといえます。

製薬業界の将来的な事、MRとしてのキャリアを描きにくいといった思いをお持ちの方も多いと思います。

元々、MRとして3,4年働いたら20代の間に調剤薬局に転職を考えていた、といった方もいらっしゃるでしょう。

多くの場合、調剤未経験と思いますが、そうした状態から調剤薬局やドラッグストアの薬剤師として多くの転職実績を持つ薬剤師求人に特化した、人材紹介会社を活用される事を当サイトではオススメしたいと思います。

MRから薬剤師転職、情報源としてオススメ薬剤師紹介会社

薬剤師紹介会社コンサルタント
MRから薬剤師として転職を希望される場合、求人情報を多く得られ面接対策なども行う事が出来る、薬剤師紹介会社の活用がオススメです。

過去にも同様にMRから調剤未経験の薬剤師転職をサポートした実績がある場合には、実際に則したアドバイスも多くもらえることでしょう。

また薬剤師求人に特化している事で、お住まいのエリアの調剤薬局やドラッグストア、企業と太いパイプを持つ人材紹介会社も多く、どういった人材であれば元MR、調剤未経験でも採用したいか、といった情報も得られる事もあるでしょう。

MRから薬剤師転職でオススメの薬剤師紹介会社として、以下をオススメしたいと思います。

ファルマスタッフ

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

いずれもMRから未経験の調剤へのキャリアチェンジ転職など、実績がある薬剤師紹介会社となります。

求人数の多さ、職場の詳細な情報量といったことで言うとファルマスタッフがオススメです。
リクナビ薬剤師、マイナビ看護師は知名度も高く、利用者満足度も高いですね。

20代、30代でのキャリアチェンジはまだ十分に成功する確率は高いと言えます。

40代という方であっても、収入が下がることを納得の上で、勉強する意欲、医師やコメディカルの方を相手に培ったコミュニケーション能力など、アピール出来る部分は多々ありますから、そうしたポイントをしっかりアピール。
謙虚に仕事に一生懸命邁進していくことを伝えれば、転職成功に結びつけていくことが出来る可能性もあるでしょう。

「今の年齢で転職活動をスタートした場合、実際どうなのかな?」

といった、客観的なアドバイスも、こうした薬剤師紹介会社を利用することでもらう事が出来ます。

MRから薬剤師へ転職をご希望になっている方は、こうした薬剤師求人に特化した人材紹介会社の活用を検討されてみては、と思います。

調剤未経験 薬剤師の転職先選びはドコが良い?

転職先に悩む
MRから薬剤師への転職をご希望になっている方の多くは調剤未経験ではと思います。
「ペーパー薬剤師」の状態といって良いでしょう。

その場合、選ぶべきはやはり「未経験者歓迎」「未経験者も応募可能」の薬剤師求人となります。

研修システムが整っている大手調剤薬局チェーンや企業は、中途採用の薬剤師も手厚くサポートし、業務を覚えていけるように研修制度が整っている場合が多いです。

もちろん、求人へ応募する前に教育・研修制度がどうなっているかは、確認しておきたいですよね。

また薬剤師紹介会社の中には、研修などを実施しているところもあります。
そうした研修やセミナーへ参加してみるのも効果的ですね。

調剤薬局併設のドラッグストアもオススメです。

調剤経験も積める機会を持つことも出来ますし、OTC医薬品の取り扱いもある事から知識も増えていきます。
またお客様と直接コミュニケーションを取る機会がありますから、どういった悩みを持って医薬品を買いに来ているのか、といったことも実地で知る事が出来ます。

それぞれの職場により、働く上でメリット・デメリットがあります。

そうした職場の特徴に関しても、薬剤師紹介会社を活用して求人情報を探す上で情報提供してもらう事が出来ます。

調剤未経験はやはり不安に思われるMR薬剤師の方は多いです。

しっかりと事前に情報をして、自分にあった職場探しをしたいですね。

そうした情報収集にこそ、多くの調剤薬局チェーンやドラッグストア、企業の情報を持つ薬剤師紹介会社が便利となります。