MR転職・MR求人 専門サイト
調剤薬局へ転職
MR転職・MR求人 専門サイト > MRから薬剤師へ転職 > 調剤未経験MRから薬剤師へ転職は出来る?

調剤未経験MRから薬剤師へ転職は出来る?

MRから薬剤師への転職って多いの?

MRから調剤薬局の薬剤師として未経験から転職、というキャリアチェンジの転職は実際あります。

転職の成功事例としても、意外とあるんですね。

もちろん、転職を希望される方の年齢、希望年収、希望勤務地、志望動機など様々な要因はありますが、決して「MR⇒薬剤師」としての転職は無理ではありません。

ですから、これから製薬会社のMRか調剤薬局へ転職しようと思った場合でも、安心して転職活動を進めていただければと思います。

今の製薬業界の状況下で、色々と将来的な事を考えて・・・「薬剤師資格を活かして調剤薬局へ転職しようかな」とお考えになる方は多いそうです。

これから先も、今の製薬会社でMRとして勤務し続けることに、何かしらの不安を持っている方もいらっしゃるでしょう。

「そろそろ転勤無しで、腰を落ち着けて仕事がしたいな・・・」という事をきっかけに転職をお考えになる方も少なくないのでは。

MRとして営業成績が良い方も、何かしら事情があって転職をお考えになるきっかけがあると思います。

また、元々期間限定で高収入が得られるMRとして働き、調剤薬局の開業資金を貯めておきたかった、とう方もいらっしゃるようです。

様々な理由、志望動機から薬剤師への転職を希望される方がいらっしゃいますね。

実際、薬剤師求人の紹介を行っている人材紹介会社の方からは、そうしたお話を聞くことも多いです。

MRから調剤・実務未経験として、薬剤師への転職

20代、30代ならば、十分にMRから薬剤師として転職に成功する可能性はあると言えるでしょう。

特にMRとして製薬会社に入社3年以内の若手の方であれば、今後の伸びしろも大きいですし、調剤未経験であっても積極的に中途採用を考えてくれる調剤薬局などはかなり多いのではないでしょうか。

MRとしての経験はアドバンテージになる、と言われます。

実際に今までMRとして得た経験を優遇、考慮してくれる調剤薬局経営者は多いそうですよ。

新卒から薬剤師になった人材には無い経験、スキルを持っている、という事は大いにアピールできるものです。

後ほど、MRから病院や調剤薬局からの薬剤師求人を多く持つ、転職サポートを行ってくれる人材紹介会社をご紹介いたします。

転職をご希望になっているMRの方、良い職場・求人があれば応募を検討してみたい、といった事で情報収集から始めてみようかな、という方も。

調剤未経験でもOKの薬剤師求人さがしをサポートしてくれる人材紹介会社を活用されてみてはと思います。

MRから薬剤師への転職、オススメ人材紹介会社

人材紹介会社コンサルタント
製薬会社MRから薬剤師へ転職、調剤薬局などからの未経験歓迎薬剤師求人を見つけるには、一般の求人サイトではなく、薬剤師求人に特化している人材紹介会社を活用すると、効率良く情報を得やすいです。

こうした薬剤師転職の転職支援実績がある人材紹介会社としては、

リクナビ薬剤師

ファルマスタッフ

マイナビ薬剤師

などがあります。

未経験からMRから薬剤師へ転職に成功し、安定した生活を送られている方は実際多いです。

そうした転職事例に関しても、こうした人材紹介会社を活用する事で話を聞くことが出来ますから、近い事例が見つかり、転職活動を進める上で大いに参考になる事も多いのではないでしょうか。

今の年収次第、といった側面もありますが転職においても年収を維持、もしくは逆に年収アップといった事例もあるそうです。

薬剤師も年収は比較的高めの職種ですから、職場の経営状態や交渉次第では、20代の方は当初の想定よりも上の年収で転職を成功させられることもあるかもしれませんね。

お住まいのエリアの調剤薬局、病院、ドラッグストアなど薬剤師を募集している職場からの求人情報、上記のような薬剤師求人に特化している人材紹介会社を活用される事で、応募可能な求人など中心に紹介をしてもらう事が出来ます。

製薬会社MRから調剤薬局へ転職した場合の給料・年収について

給料について
製薬会社のMRとして働くメリット、やはり「高年収」が得やすいという事ではないでしょうか。

収入面に魅力を感じ、新卒時に就職先として製薬会社を選ばれた方も多いと思います。

調剤未経験としてMRから調剤薬局に転職をする場合、やはりMR時代よりも年収がダウンする事も想定しておかれる事は必要かなと思います。

特に30代で年収600万円以上を稼がれている方も多いと思います。

その場合、未経験の薬剤師にいきなり高年収を出す経営者はやはり少ないのが実際の所です。

とはいえ、前職をできる限り考慮して給与を検討してくれる職場もありますから、そうした交渉が可能な調剤薬局などを探してもらう、実際に交渉を依頼すると言った事も人材紹介会社に期待したいところです。

第二新卒、20代でまだそこまで年収が高くなっていないMRの方の場合には、逆に薬剤師として転職する事によって年収アップするケースもあるということです。

MRから調剤薬局への転職をご希望の薬剤師の方は、MRから調剤薬局への紹介実績も多数ある人材紹介会社へ相談してみてください。

過去の転職事例から、年収アップするケース、ダウンするケース、維持出来たケースなど聞く事が出来るでしょう。

⇒ MRから薬剤師への転職、オススメ人材紹介会社