MR転職・MR求人 専門サイト
MR転職のポイント

ワクチン領域MR求人

ワクチン領域 MR求人

ワクチン領域MRとして転職、キャリアチェンジの転職を希望されているMRの方向けに情報を掲載しています。

ワクチン領域のMRとして活躍されている方で、何らかの理由(転勤出来ない、など転職理由)や今後の専門領域としてワクチン領域を選びたいとお考えになっているMRの方など、色々な理由から転職活動をスタートされているのではと思います。

コントラクトMRからの転職を目指されている方もいらっしゃるかと思います。

国内のワクチン市場としては、古い資料とはなりますが、2007年にワクチン生産額が928億円。
2012年には2,739億円と急激な伸びを見せています。
参考:わが国のワクチン産業と 市場の動向 – 厚生労働省 資料より

ワクチン領域のMRとして、やはり小児ワクチンの取り扱いがある製薬会社も多いため、女性MRの活躍も多いですよね。
出産後にどう仕事を続けていこうかな、と考えた結果としてワクチン領域のMRとして転職を希望されるケースもあるそうです。

ワクチン領域での専門性の高いメーカーとして、

・ジャパンワクチン株式会社

第一三共とグラクソ・スミスクライン社(GSK)との合弁会社、ジャパンワクチン株式会社は知名度も高く、もしMR求人があれば応募を検討してみたい、といった方も多いのではないでしょうか。

・武田薬品薬品工業
・万有製薬株式会社
・MSD株式会社
・ファイザー株式会社
・グラクソ・スミスクライン株式会社
・田辺三菱製薬株式会社
・アステラス製薬株式会社

など他にも多数もありますね。

ワクチン領域MR求人に強い人材紹介会社

女性MR
ワクチン領域のMR求人を調べていると、小児科、婦人科と両方を担当するMRとしての募集が多いため、女性MRの方が歓迎される旨、記載がある求人も多いですね。

よく言われることですが、ワクチン領域のMRの仕事のやりがい、面白さとして「市場を自ら作るために戦略を立て、自治体などに交渉していくという治療薬とは違った仕事の面白さがある」という事があります。

自ら戦略を考え、交渉・行動し、売上げにつなげていく事が出来るMRの方は、転職に成功しやすい領域ではと思います。

担当地域におけるワクチンの摂取率の向上のためには、自治体の巻き込んでの様々な施策を考える必要があります。

今後益々、日本でも予防医療の重要性が高まっていきます。

また個人的にも子供達の成長に重要な役割を果たすワクチンの啓蒙など、やり甲斐を感じる部分もあるMRの方も多いのではと思います。

高齢者が病気になる前にも重要な予防医療。
医療費を抑制するためには、高齢者向けの予防医療は欠かせません。

今後も市場の伸びが期待されるワクチン領域。

女性MRの方も活躍しやすい製薬会社などからのワクチン領域MRに関しての情報を得るには、

MR転職に強い転職エージェント

でご紹介しているようなMR転職に多数の実績を持つ、人材紹介会社がオススメです。

育児経験を持つ女性MRの方は歓迎されるMR求人が多いですね。

全国転勤可能な方は、かなり早期に転職先も見つかるのではと思います。

ただ、お子さんがいる女性MRの方の場合には学校の問題などもあり、出来る限る同一地域で仕事を続けたいとお考えの方も多いと思います。

製薬会社の中には、勤務地限定MR募集、といった事で中途採用を行っている場合もありますから、そうした数少ない情報、求人への応募を逃さないためにも、上記でご紹介したようなMR求人に強い人材紹介会社の活用をオススメいたします。

MR求人は非公開求人が多いので、人材紹介会社を活用しての情報収集がオススメです。

MR転職に強い転職エージェント