MR転職・MR求人 専門サイト
管理職転職
MR転職・MR求人 専門サイト > 製薬会社求人 > 製薬会社 マネージャー求人

製薬会社 マネージャー求人

製薬会社 マネージャー求人(管理職)をお探しの方へ

製薬会社からの求人情報。転職活動をされている方の中で、マネージャー職、営業所長(エリアマネージャー)、管理職クラスの求人を中心に知りたい、良い求人があれば、といった事で情報収集をされている方も多いのではないでしょうか。

いずれかの製薬会社で既にマネジメントされている方が、何らかの理由(家族の介護などが理由、転勤できない・勤務地固定希望など)で転職を希望されていたり、MRとしてキャリアを積み、これからのキャリアアップとしてマネージャー、管理職を目指したい方の転職など様々あるかと思います。

既にマネジメント経験がある方の転職先探しはもちろんのこと、MRからキャリアアップを目指しての管理職転職もサポートしてくれる製薬業界の転職支援に実績を多数持つ、便利な人材紹介会社をご紹介いたします。

マネージャー、所長、管理職求人は稀少

メディカル、製薬業界の求人を見ていくと、基本的にはMR求人が多いです。

また、もしマネージャー求人が見つかったとしても「社名非公開」がほとんどではないでしょうか。

そもそも掲載されていない完全非公開で、候補となる人材募集を行っている会社もあります。

非公開求人として扱われる理由に関してですが、皆さんのご想像に近いと思うのですが、

・ライバル企業への秘匿(戦略漏洩の防止)

・既存社員への配慮

・採用に対しての人的・時間的コストの抑制

などがあります。

既に働いている社員を抜擢する形で管理職とするケースも多いのですが、中途採用という形で募集を行うと、何かと動揺する社員も出ますし、気になるもの。

会社の方向性、今後の戦略など気にならないはずがありませんよね。

また採用活動にかかる時間も、重要なポジションであればあるほど、選考プロセスも長くなるもの。
役員の面接も日程調整など必要となってきます。

マネージャー、営業所長の求人が発生するタイミングですが、既にいる人材が退職する場合。
そして新規事業立ち上げのタイミングが多いですね。

新規事業の場合は特に、非公開求人として極秘に進めたい企業も多いことから、尚更、非公開求人として中途採用のプロセスが進められていきます。

一般的に公開されず、非公開求人として扱われるこうしたマネージャー・所長クラスの求人を知るには、その業界の転職に強い転職エージェント、人材紹介会社を活用する必要があります。

製薬会社からのマネージャー求人を見つけるには

人材紹介会社コンサルタント
製薬会社のマネージャー・所長クラスともなれば年収1,000万なども十分狙える場合が多くなりますから、求人の取り扱いに関しても、ハイクラス限定、エグゼクティブ求人、といったことで掲載している人材紹介会社や求人サイトも多いです。

非公開求人となる事がほとんど、となってきますので公開求人を中心に掲載している一般的な求人サイトを活用するよりも、

製薬業界に強い転職エージェント

でご紹介していますが、リクルートエージェント、DODA、JACなどの人材紹介会社を活用し、非公開求人も含めてマネージャー・管理職クラスの求人を探してもらう必要があります。

製薬会社からのマネージャー求人に関して、知りたい方がいらっしゃいましたら、こうした人材紹介会社を活用されて転職活動を進められる事をオススメいたします。

⇒ 製薬業界に強い転職エージェント

こうした転職エージェント、人材紹介会社を活用するメリットとして、人事部や採用担当役員とパイプがある場合も多く、どういった人材を採用したいと考えているか、といった情報を持っている場合もあるということです。

新規事業立ち上げのタイミングでのマネージャー募集であれば、必要な販売ノウハウ、その新薬のカテゴリーへの知識など求められるスキル、経験があります。

また、当然のように管理職としての経験も問われますから、そうした経験(キャリアアップ)を求めている方は、他の部分でしっかりアピール出来る部分を作っておく必要はあるといえるでしょう。

マネージャー・営業所長・管理職への転職、チャンスは「新規立ち上げ」

繰り返しとなりますが、マネージャー・営業所長・管理職クラスの求人が出てくる最大のチャンスは、新規事業の立ち上げ時です。

外資企業が日本法人を立ち上げるときにも、求人が出ます。

こうした求人はほぼ「非公開求人」となりますので、情報を逃さないよう、製薬業界の転職に強い人材紹介会社を活用し日頃から情報収集をされておく事をオススメいたします。

そう考えると、マネージャークラスの転職を考えた場合には、長期で求人が出てくるのを待つ事も想定して転職活動を進める必要がある、といえそうです。